現在地は動物用製品ホーム > CA事業 > 獣医師の皆様へ > 製品情報 > バソラミン注です。

動物用医薬品

バソラミン®

バソラミン®注はトラネキサム酸を主成分とする動物用注射剤です。

バソラミン注
使用の目的
手術時の出血防止及び出血性疾患の治療をします。
特徴
生理活性物質であるプラスミンは血液凝固を阻止し、炎症を引き起こす原因物質を産生します。プラスミンが血液中に大量に産生されると出血が止まりにくくなり、さらに血管透過性の更新や浮腫を引き起こします。
バソラミン®注の主成分である「トラネキサム酸」は、このプラスミンの産生を抑制し、「手術時や出血疾患時の止血」に効果を示します。

詳細情報

製品名 バソラミン®
対象
効能・効果 手術時の出血防止
血尿症、子宮内出血、鼻出血、喀血および腸出血等の出血性疾患の治療
成分・分量 1mL中トラネキサム酸50mgを含有する。
用法・用量 体重1kg当たり、トラネキサム酸として5〜25mgを1日、1〜2回に分けて皮下、筋肉内、静脈内又は腹腔内に注射する。
剤形 注射剤
包装 50mL×10(バイアル入り)、100mL×10(バイアル入り)
詳細情報をご希望の方は弊社営業担当者までご相談ください。

このページのトップへ