現在地は動物用製品ホーム > CA事業 > 獣医師の皆様へ > 製品情報 > パナメクチン錠Sです。

動物用医薬品要指示医薬品

パナメクチン®錠S

4種類の錠剤により、小型犬から大型犬まで幅広く投与が可能です。

パナメクチン錠S
使用の目的
犬糸状虫の寄生予防をします。
特徴
  • 国内で開発・製造しています。
  • 毎月1回の投薬で犬糸状虫症を予防します。
  • 小さい錠剤で投与が簡単です。

詳細情報

製品名 パナメクチン®錠S
対象
効能・効果 犬:犬糸状虫の寄生予防
成分・分量
  • パナメクチン®錠S34: 1錠中イベルメクチン34μg含有
  • パナメクチン®錠S68: 1錠中イベルメクチン68μg含有
  • パナメクチン®錠S136: 1錠中イベルメクチン136μg含有
  • パナメクチン®錠S272: 1錠中イベルメクチン272μg含有
用法・用量

毎月1回、1ヶ月間隔で体重1s当りイベルメクチンとして6〜12μgを経口投与する。

投与期間は、犬糸状虫感染開始後1ヶ月から感染終了後1ヶ月までとする。

剤形 小型の錠剤
パナメクチン錠S34 パナメクチン錠S68 パナメクチン錠S136 パナメクチン錠S272
包装
  • パナメクチン®錠S34: 120錠(12錠×10シート)
  • パナメクチン®錠S68: 120錠(12錠×10シート)
  • パナメクチン®錠S136: 60錠(10錠×6シート)
  • パナメクチン®錠S272: 60錠(10錠×6シート)
詳細情報をご希望の方は弊社営業担当者までご相談ください。

このページのトップへ