現在地は動物用製品ホーム > CA事業 > 獣医師の皆様へ > 製品情報 > パナメクチンチュアブルPです。

動物用医薬品要指示医薬品

パナメクチン®チュアブルP

パナメクチン®チュアブルPは、有効成分にイベルメクチンとピランテルパモ酸塩を含む犬糸状虫症予防および消化管内線虫(犬回虫、犬鉤虫)駆除剤です。

パナメクチンチュアブルP パナメクチンチュアブルP
使用の目的
犬糸状虫の寄生予防および犬回虫及び犬鉤虫の駆除をします。
特徴
  • パナメクチン®チュアブルPは嗜好性の良いチュアブル製剤として国内で開発・製造しています。
  • 有効成分にイベルメクチン、ピランテルパモ酸塩を含み、犬糸状虫症予防と同時に消化管内線虫(犬回虫、犬鉤虫)駆除が可能です。
  • 消化の良い国産鶏肉を使用しています。
  • 原材料はヘルシーで消化の良い鶏肉(ささみ)を選びました。国内の農場で生産された鶏肉の中から食鳥検査に合格したものだけを使用しています。
  • 2つの包装(個装タイプ、大箱タイプ)があり、大箱は取り出しやすくゴミが少ないので院内での保管が簡単です。

詳細情報

製品名 パナメクチン®チュアブルP
対象
効能・効果 犬:犬糸状虫の寄生予防 犬回虫及び犬鉤虫の駆除
成分・分量
  • パナメクチン®チュアブルP34: 1個中イベルメクチン34μg,ピランテルパモ酸塩81r含有
  • パナメクチン®チュアブルP68: 1個中イベルメクチン68μg,ピランテルパモ酸塩163r含有
  • パナメクチン®チュアブルP136: 1個中イベルメクチン136μg,ピランテルパモ酸塩326r含有
  • パナメクチン®チュアブルP272: 1個中イベルメクチン272μg,ピランテルパモ酸塩652r含有
用法・用量
34製剤:
体重1s当たりイベルメクチン6μg、ピランテルパモ酸塩14.4rを基準量として体重5.6s以下の犬に本剤を1個摂取させる。
本剤は犬糸状虫感染開始後1ヵ月から感染終了後1ヵ月までの期間、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させる。
68製剤:
体重1s当たりイベルメクチン6μg、ピランテルパモ酸塩14.4rを基準量として体重5.7〜11.3sの犬に本剤を1個摂取させる。
本剤は犬糸状虫感染開始後1ヵ月から感染終了後1ヵ月までの期間、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させる。
136製剤:
体重1s当たりイベルメクチン6μg、ピランテルパモ酸塩14.4rを基準量として体重11.4〜22.6sの犬に本剤を1個摂取させる。
本剤は犬糸状虫感染開始後1ヵ月から感染終了後1ヵ月までの期間、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させる。
272製剤:
体重1s当たりイベルメクチン6μg、ピランテルパモ酸塩14.4rを基準量として体重22.7〜45.3sの犬に本剤を1個摂取させる。
本剤は犬糸状虫感染開始後1ヵ月から感染終了後1ヵ月までの期間、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させる。
剤形 チュアブル剤
パナメクチンチュアブルP34 パナメクチンチュアブルP68 パナメクチンチュアブルP136 パナメクチンチュアブルP272
包装
  • パナメクチン®チュアブルP34: 6個(6個×1シート), 60個(6個×10シート)
  • パナメクチン®チュアブルP68: 6個(6個×1シート), 60個(6個×10シート)
  • パナメクチン®チュアブルP136: 6個(6個×1シート), 60個(6個×10シート)
  • パナメクチン®チュアブルP272: 6個(6個×1シート), 60個(6個×10シート)
詳細情報をご希望の方は弊社営業担当者までご相談ください。

このページのトップへ