現在地はホーム > Meiji Seika ファルマについて > 事業内容です。


事業内容

医療用医薬品事業

1946年にペニシリンを開発して以来、抗菌薬のトップメーカーとして自社独自の製造・開発技術を確立し、国内外へ優れた製品を提供してきました。
近年では、新薬事業で培ったノウハウのもと、新薬と遜色ない高品質なジェネリック医薬品の供給を行っており、「スペシャリティ&ジェネリック・ファルマ」として多様な医療ニーズに応えています。

生物産業事業

いもち病防除分野においてナンバーワンの実績を誇る「オリゼメート」シリーズや新規茎葉除草剤「ザクサ液剤」の販売に加え、自社開発化合物のライセンス許諾ビジネスも展開しています。
人体用医薬品の技術および研究開発における成果を応用して、畜・水産用動物薬事業においても多様なラインアップを取りそろえて、食の安全と安定供給に貢献すると同時に、コンパニオンアニマル(ペット)市場でも医薬品・栄養補助食品を提供、小動物の健康増進にも取り組んでいます。

このページのトップへ