現在地はホーム > 微生物発酵に関する受託開発です。


微生物発酵に関する受託開発

Meiji Seika ファルマ株式会社では、1946(昭和21)年のペニシリン製造以来、微生物を用いた医療用医薬品・農薬/動物薬・工業用酵素ならびにそれら原薬を開発/製造してきた実績があります。弊社技術を活かして、微生物の産業利用の研究開発をトータルにお手伝い致します。

弊社の受託業務の流れ

① 微生物宿主による目的物質の生産 組換えタンパク質生産システム(MSPEX<sup>®</sup>)<sup>※</sup>

② 目的物質の生産性向上 菌株改良(変異処理、遺伝子組換え)、細胞内遺伝子増幅法(ZouA法)

③ 発酵プロセスの最適化 多種多様な微生物の発酵経験を活かした培地組成ならびに培養条件の最適化

④ バイオサイエンス研究所内設備での発酵・精製(最大2kLスケールでの発酵)

どのプロセスからでも対応可能です。

※ Meiji Seika ファルマ株式会社の日本国における登録商標です。

このページのトップへ