現在地はホーム > プレスリリース > 2007年 > インフルエンザウイルス迅速診断キット「エスプライン®インフルエンザA&B-N」に関する富士レビオ株式会社との共同販売のお知らせです。


2007年

インフルエンザウイルス迅速診断キット「エスプライン®インフルエンザA&B-N」
に関する富士レビオ株式会社との共同販売のお知らせ

2007年8月23日

明治製菓株式会社(社長:佐藤尚忠)は、みらかホールディングス株式会社の事業子会社である富士レビオ株式会社(社長:鈴木博正)との間で、2003年より富士レビオ株式会社が製造・販売するインフルエンザウイルス迅速診断キット「エスプライン®インフルエンザA&B-N」の共同販売に関し、契約の締結に至りましたのでお知らせいたします。

本年10月上旬の共同販売開始を見込んでおり、弊社は、富士レビオ株式会社より完成品の供給を受け、本製品の病院、診療所への販売を富士レビオ株式会社と共同で実施してまいります。

本製品は、簡便性、高感度およびインフルエンザ特異性を特徴とする診断薬で、インフルエンザ罹患時におけるウイルスの迅速な検出を実現し、治療薬の適正使用のニーズを満たすことができると考えております。

今回の提携により、診断キット市場で実績のある富士レビオ株式会社と感染症領域における弊社の販売力を生かし、本製品のインフルエンザ迅速診断キット市場におけるシェア拡大が期待され、また、弊社は、感染症分野を重点領域の一つとしており、本製品の販売により、感染症疾患の予防から治療までを目指した製品ラインナップの強化・充実を図ってまいります。

以上

【エスプライン®インフルエンザA&B-Nの概要】
本製品は、咽頭部または鼻腔部から採取した検体を用い、インフルエンザに感染しているかを判定する体外診断用医薬品です。操作が簡便であり、短時間(15分)で結果が得られることから、診療の現場でインフルエンザの診断および抗インフルエンザウイルス薬投与の判断材料として用いられています。本製品の特長として、一度の検査でインフルエンザA型・B型を判別可能、高感度および高特異性などが挙げられます。

【会社概要】

[明治製菓株式会社]

1. 設立
:1916年10月
2. 本社所在地
:東京都中央区京橋2-4-16
3. 資本金
:283億6,300万円 (2007年3月31日現在)
4. 代表者
:代表取締役社長 佐藤 尚忠
5. 従業員数
:6,275名 (2007年3月31日現在、連結ベース)
6. 売上高
:3,939億円 (2006年度、連結ベース)
明治製菓株式会社についての詳細な情報はhttp://www.meiji.co.jp/(※)をご覧ください。
※現在はhttp://www.meiji-seika-pharma.co.jp/になります。

[みらかホールディングス株式会社]

1. 設立
:1950年12月(旧富士レビオ株式会社より社名変更)
2. 本社所在地
:東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル20F
3. 資本金
:75億円(2007年3月31日現在)
4. 代表者
:代表取締役社長 鈴木 博正
5. 従業員数
:4,506名(2007年3月31日現在、連結ベース)
6. 売上高
:1,372億円(2006年度、連結ベース)
みらかホールディングス株式会社についての詳細な情報はwww.miraca-holdings.co.jpをご覧ください。

[富士レビオ株式会社]

1. 設立
:1950年12月(分割前)
2. 本社所在地
:東京都中央区日本橋浜町2-62-5
3. 資本金
:22億5,290万円(2007年3月31日現在)
4. 代表者
:代表取締役社長 鈴木 博正
5. 従業員数
:563名(2007年3月31日現在)
6. 売上高
:235億円(2006年度、単体ベース)
富士レビオ株式会社についての詳細な情報はwww.fujirebio.co.jpをご覧ください。

このページのトップへ

プレスリリース