現在地はホーム > プレスリリース > 2008年 > 注射用カルバペネム系抗菌剤ME1036に関する開発中止のお知らせです。


2008年

注射用カルバペネム系抗菌剤ME1036に関する開発中止のお知らせ

2008年12月26日

明治製菓株式会社(社長:佐藤 尚忠)は、注射用カルバペネム系抗菌剤ME1036について安全性上の問題が認められたことから、本剤の開発を中止することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

本剤は、当社が創製し、2006年10月19日にセレキサ社(Cerexa, Inc. 本社:米国カルフォルニア州アラメダ)と日本及びアジア地域を除く全世界において開発・製造・販売する独占的権利を許諾するライセンス契約を締結しておりました。

この度、同社より、米国において実施した臨床第一相試験の解析結果より臨床試験を継続するのに十分な安全性が得られないと判断したことから開発を中止するとの報告を受け、当社において本剤に関する今後の開発方針を検討した結果、開発中止を決定したものです。

以上

このページのトップへ

プレスリリース