現在地はホーム > プレスリリース > 2017年 > トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%「明治」に関する特許権侵害差止請求訴訟における和解のお知らせ


2017年

トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%「明治」に関する特許権侵害差止請求訴訟における和解のお知らせ

2017年3月23日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎)は、富山化学工業株式会社より、当社が製造販売するニューキノロン系経口抗菌製剤「トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%『明治』」(先発製品名:オゼックス®細粒小児用15%)が、同社の製剤特許を侵害しているとして、2016年3月7日付で、東京地方裁判所に特許権侵害差止請求訴訟を提起されておりました。

このたび、2017年3月22日付で、同裁判所で裁判上の和解が成立しましたのでお知らせいたします。本和解により、当社製品の安定供給には支障がなく、業績への影響もありません。

当社は今後も引き続き「トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%『明治』」を製造販売してまいります。

以上

このページのトップへ

プレスリリース