現在地はホーム > プレスリリース > 2017年 > 抗精神病剤「シクレスト®舌下錠」の投薬期間制限解除に関するお知らせ


2017年

抗精神病剤「シクレスト®舌下錠」の投薬期間制限解除に関するお知らせ

2017年5月31日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:小林大吉郎)は、「統合失調症」を適応とする抗精神病剤「シクレスト®舌下錠 5mg」および「同舌下錠10mg」(一般名:アセナピンマレイン酸塩、以下「シクレスト」)に関し、2017年5月末日をもって新医薬品に関わる14日間を限度とする投薬期間制限が終了するのでお知らせします。これにより6月1日以降、1回14日分を超える処方が可能となります。

シクレストは新規非定型抗精神病剤であり、既存薬とは異なる特有の受容体結合プロファイルを有します。また、投与後速やかに崩壊する舌下錠であるため、有効性・安全性に加えて服薬上の特長を有することで、統合失調症薬物治療の新たな選択肢となります。

Meiji Seika ファルマは、うつ病や統合失調症などアンメット・メディカル・ニーズの高い中枢神経系疾患をスペシャリティ領域の一つとし、今後も新薬とジェネリック医薬品による幅広い治療選択肢を提供することで、患者さんの治療と医療の発展に貢献してまいります。

以上

:「平成20年厚生労働省告示第97号」に基づく

このページのトップへ

プレスリリース