現在地はホーム > 医薬品の信頼性 > 営業現場ではです。


営業現場では

MR活動

医薬品は有効性・安全性に関する正確な情報が付加されてはじめて有効に使用することができます。Meiji Seika ファルマは医薬品の有効性と安全性に関する情報や付加価値の高い情報をMR活動を通じて提供し、ユーザーの健康をサポートします。

情報の循環で育薬を実現

Meiji Seika ファルマのMRは自社の製品に関する情報提供だけではなく、研究開発の段階では得られなかった医薬品の有効性、安全性を確認するための製造販売後調査および、重篤な副作用や未知の副作用等、副作用が発現した場合の症例収集を行い、会社に報告する業務があります。

医療現場からの最新の使用症例を収集して安全管理部門に報告する一方、そこで集積・評価された結果に基づく、より有効かつ安全な適正使用方法を医療機関に提供し、多くの患者さまに正しく処方していただくことが医薬品の価値を高め、製品寿命を延ばすことにもつながります。さらに医療現場のニーズを集め、研究開発部門へフィードバックすることで、新薬開発や既存医薬品の改良につなげていくこともMRの大切な役割です。

情報の循環

質の高い情報提供・収集活動を全国で実施

Meiji Seika ファルマに所属するMRは、全国各地域の大学病院ならびに地域の病院・開業医を担当し、医療用医薬品全製品を効率的に普及するMRと、精神科や心療内科・メンタルクリニックなどの専門診療科に普及活動を行う中枢神経系領域(CNS)専任MRとを配置し、それぞれ医療関係者や患者さまに対して情報の提供および収集活動をきめ細かく行っています。

また、MRの情報提供支援システムとして、全国各地のMR普及活動トピックが共有できるシステムや医薬品の情報検索データベースを構築し、MRがiPad®やモバイルパソコンを通じてタイムリーに情報を提供し入手する体制を整えています。

MR教育の充実による高度医療への貢献

Meiji Seika ファルマは毎月MRに対し、自社製品の特性ならびに疾病や治療方法・医薬品に関する知識、さらには医療関係者の一員として必要な倫理や法規などMRとして必要とされている資質を維持・向上させる継続研修を実施しています。

また、新入社員に対してはMRとして必須の医学・薬学および自社製品に関する基礎知識の習得と、商談スキルなどの資質向上を目的とした導入研修のほか、(財)医療情報担当者教育センターが実施する「MR認定試験」に合格するための教育プログラムの充実をはかっています。

このページのトップへ