現在地はホーム > 医薬品の信頼性 > 生産現場ではです。


生産現場では

生産現場では

Meiji Seika ファルマの医薬品は、原材料の受け入れ検査から、製造、包装、出荷に至るまで、高度なGMP管理に基づいた品質保証体制の下で製造されています。品質の高い医薬品は、何よりも作る人の“心”が大切です。従業員の一人ひとりが、「患者さんに安心して使っていただける“くすり”を確実にお届けしたい」という思いを持って、医薬品の製造にあたっています。

また、市場への出荷にあたっては、品質保証責任者が製造に関する記録を確認した上で、市場への出荷を決定し、患者さんや医療従事者の方々が安心して使用できる医薬品をお届けしています。

医薬品の品質を守るため、また、当社の品質に対する考え方を理解頂くため、自社工場のみならず、国内外の製造委託先や原材料の供給メーカーを定期的に訪問し製造所の実地監査を行い、適切な品質管理の下で製造されていることを確認し、パートナーとして友好的かつ建設的な関係を構築し、当社製品の品質向上に努めています。必要な場合は改善指導なども積極的に実施しています。

継続的改善と人材育成

より良い製品が提供できるよう、ユーザーの声や内部監査の結果などを反映して、定期的に医薬品の品質を保証するための活動内容の見直しを行う等の改善を続けています。患者さんや医療従事者や生産者の方々に安心して使用できる高品質の製品をお届けし、また、副作用発生の未然防止や適正使用に関する情報の提供等によって医療の向上への貢献に努めています。

業務改善と品質人材育成

全ての業務において、創意と工夫を凝らした改善を進めることで、一つ一つの作業の品質が高まり、そこから生まれる製品やサービスの品質を高める活動を実践しています。

また“品質は現場で作りこむ”という考えに基づき、品質を作りこむ人材の育成にも力を入れています。自社国内外の製造所の社員の育成を目指し、グループ会社を含めた生産活動改善発表会の国際大会を定期的に開催し、社員の業務改善能力を高めるとともに、人材育成の重要な機会としています。
また定期的に品質保証強調週間を設定し、品質に関わる品質スローガン提示、品質改善提案、品質講演会等を通した意識啓蒙にも努めています。

生産改善活動世界大会風景

生産改善活動世界大会 発表者の様子

工場の紹介

北上工場

小田原工場

岐阜工場

このページのトップへ