現在地は動物用製品ホーム > CA事業 > 獣医師の皆様へ > アルファキサン製品サイトホーム > 投与方法についてです。

投与方法について

※文章中、[  ]内の参考文献については、左メニューの「参考文献」よりご確認ください。

アルファキサン®の投与方法について

体重1kg当たり、アルファキサロンとして、犬には2〜3mg、猫には5mgの用量で、動物の状態(体型、年齢、全身状態等)を考慮し、喉頭反射を確認しながら、60秒かけてゆっくりと静脈内投与する(1/4量を15秒毎)。上記用量を投与しても十分な麻酔深度に達しない場合は、再度、同用量を投与することができる。ただし、規定量に満たない場合でも、麻酔導入が完了したと判断される時点で、投与を終了する。
処置中は動物を静かに落ち着いて取り扱う。動物は、刺激が少ない、暖かくて暗く静かな環境に置き、モニタリングしながら、速やかな覚醒を図る。また外科的処置の前、中、後には、適切な鎮痛薬を使用して、ストレスが最小限になるようにする。

アルファキサン®の静脈内投与量

体重
(kg)
2mg/kg投与の場合
(mL)
3mg/kg投与の場合
(mL)
1 0.2 0.3
2 0.4 0.6
3 0.6 0.9
4 0.8 1.2
5 1 1.5
10 2 3
15 3 4.5
20 4 6
25 5 7.5
50 10 15
体重
(kg)
5mg/kg投与の場合
(mL)
0.5 0.25
1 0.5
1.5 0.75
2 1
2.5 1.25
3 1.5
3.5 1.75
4 2
4.5 2.25
5 2.5

このページのトップへ