このサイトで提供している情報は、弊社の動物用医薬品を獣医療関係者の皆様に適正にご使用いただくことを目的として作成されています。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
・動物用医薬品は、獣医師以外の判断で使用(投与など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。
・動物用医薬品についてご質問がある場合は、治療を担当されている獣医師に必ずご相談ください。
獣医師・獣医療関係者
一般の方
すぐそばにある脅威。
もう危ない橋は渡らせない。
資料ダウンロード
日本初承認
豚浮腫病ワクチン
エコポークシガ(R)?
浮腫病は
ワクチンで予防する時代へ。
これまで懸命な治療を行っても、
長期化することが珍しくなかった浮腫病。
経済的損失は甚大で、農場経営者の悩みの種でした。
この浮腫病による死亡率を低減し、
臨床症状を軽減するワクチンが日本に初上陸しました。
これからは、浮腫病をワクチンで予防する時代です 。
エコポークシガQ&A
Q1 浮腫病ってどんな病気?Q1 浮腫病ってどんな病気?
Q2 エコポークシガってどんなワクチン?Q2 エコポークシガってどんなワクチン?
Q3 ワクチンはちゃんと効くの?Q3 ワクチンはちゃんと効くの?
Q4 うちの農場に浮腫病リスクはあるの?Q4 うちの農場に浮腫病リスクはあるの?
Q5 もっと詳しく教えて!Q5 もっと詳しく教えて!
Q1
浮腫病ってどんな病気?
移動、餌の切り替え時は要注意!
浮腫病は、志賀毒素産生性大腸菌から産生される志賀毒素(Stx2e)によって発症しま す。移動、餌の切り替え等のストレス、経口抗菌剤等の中止が引き金となり、浮腫、 遊泳運動、突然死等の症状が起きます。
Q2
エコポークシガってどんなワクチン?
ワンショットで効果を発揮する
豚浮腫病ワクチンです。
エコポークシガは生後4日齢以上の豚に1mL投与1回で効果を発揮します。
Q3
ワクチンはちゃんと効くの?
好発時期に免疫が続き
豚を守ります。
浮腫病好発期間に免疫が持続するため、浮腫病による死亡率や症状を抑えることができます。
Q4
うちの農場に浮腫病リスクはあるの?
浮腫病に関する臨床検査を
行うことができます。
浮腫病は、突然死や浮腫など目に見える症状が発生している農場だけが抱える問題ではありません。原因菌が潜んでいると、突然問題となることがあるので要注意。臨床検査については、弊社営業担当者にお問い合わせください。
Q5
もっと詳しく教えて!
日本や世界の使用報告を
お届けします
欧州を中心に世界中で7,500万頭以上の使用実績があるエコポークシガ(2020年6月現在)。世界中のレポートや学術情報をご紹介します。
製品を知る
エコポークシガの特長
詳細を見る
安全性と有効性
詳細を見る
製品概要
詳細を見る