MENU

免疫ってなぁに?

疫(悪性の伝染病)から免(まぬ)がれること。

伝染病をひきおこすのが、細菌やウイルスなどの微生物と言われる目で見えない病原菌。でも抗体が身体にあれば、この攻撃から守ることができます。

ワクチンってなぁに?

ワクチンは身体に抗体を作るために接種(注射や経口)するお薬です。
ワクチンは、病原性を極力弱めたり、一部分のみであったり、無毒化したり、身体に入っても、病気にならないように加工したお薬です。

免疫はお母さんから赤ちゃんに移行しないの?
どうしてワクチンを接種するの?

お母さんからのプレゼント(お母さんからの移行抗体)は生後6か月程度まで、赤ちゃんの免疫は徐々に低下してきます。
細菌やウイルスは

  • ・手から口へ
  • ・感染している周辺で空気から
  • ・外で遊んでいて転んで土から、傷口から
  • ・蚊に刺されて
  • ・食べ物、飲み物

などから感染します。

赤ちゃんは成長する毎に、様々な病原体と遭遇します。そこで、病気から赤ちゃんを守るために、生後2か月よりワクチンが必要となります。

VPDってなぁに?

VPDとは、Vaccine(ワクチン) Preventable(妨げる) Diseases(病気)の略です。

かかってしまうと、治療が難しく、重い合併症も引き起こすことがあり、命を落とすこともある感染症。
VPDはワクチンで妨げることができる病気です。

大切な命を守るためにも、“ワクチンを接種しておけば、ここまでになることはなかった”と悔やまないためにも、予防できる病気はワクチンで防止しましょう。

VPDはお子様だけではありません。
大人の方も子供の時にワクチンを接種しなかった方や接種した記録のない方、病気にかかったことがない方は、もしかかった時に、周囲の方へ“うつす”可能性がありますので、ワクチンの接種をご検討ください。

主なVPDは?

百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオ、麻しん(はしか)、風しん、水ぼうそう、帯状疱疹、日本脳炎、結核、子宮頸がん、ヒブ感染症、肺炎球菌感染症、インフルエンザ、おたふくかぜ、A型肝炎、B型肝炎、ロタウイルス感染症、髄膜炎菌感染症、狂犬病です。
(予防接種を受ける際には事前にかかりつけの先生とよくご相談ください。)

赤ちゃんは、ワクチンを何種類接種するの?

国が予防接種法に基づいて接種を勧めるワクチン(定期予防接種ワクチン)と個人の判断で接種するワクチン(任意接種ワクチン)があります。

定期接種ワクチンは、生後2か月から接種が始まり10種類あります。(2020年1月現在)
ワクチンは多くの種類を決められた回数接種しなければなりませんので、お住まいの自治体(保健センターなど)や医療機関で、接種の順番やスケジュールを含めご相談されることをお勧めします。

また、任意接種ワクチンも大変重要なワクチンであり、“予防できる”または“かかっても軽く済む”ので、日本小児科学会では接種を推奨しております。

参考:(日本小児科学会ホームページ
   (日本小児科学会:知っておきたいわくちん情報

※日本小児科学会:知っておきたいわくちん情報とは日本小児科学会が「一般の方々が信頼して、かつ安全に使える予防接種の情報源」として、ホームページに公開している情報です。ご一読されることをお勧めします。

なお、接種できなかった場合は、お子様を病気から守るためにも、直ちにお住まいの自治体(保健センターなど)や医療機関に相談され、早期の対応してあげてください。

TOP