40周年記念企画

東北の生産者

秋田県大仙市太田町中里

イネが赤くなっており 近所の先輩に見てもらったら、
「これはいもち病だ!オリゼメートは使わなかったのか」と聞かれた。

田村さん2世代

田村さん2世代

  • 健郎さん(昭和32年生まれ)
  • 辰徳さん(昭和58年生まれ)

大仙市太田町は、秋田県のほぼ中央部に位置している。町の東部は奥羽山脈による山岳地帯になっており、北東部は白岩岳を挟んで角館町と隣接している。 町の西側は田地として利用される平坦地で、北端には町の境界となっている斉内川を始め、窪堰川や川口川が、東から西へと流れており、水豊かな田園地帯である。
この太田町は「となりのトトロ」を描いた男鹿先生の故郷。太田の田園風景を描いた絵を使ってトトロの絵コンテを描いたそうだ。

田村健郎さんは、水稲12haに加え、キクの施設栽培にも取組む専業農家である。
昭和55年に父である三郎さんのサポート役として、就農した。当時の水稲品種は「レイメイ」の時代が終焉し、「キヨニシキ」、「トヨニシキ」の最盛期。いもち病には強い品種で、同病の発生を見たことがなかったという。昭和60年からは「あきたこまち」の作付けが始まり、ある年、みぞ切をしていたら下葉が赤くなっていることに気が付いた。いもち病を見たことがなく、近所の先輩に見てもらったら、「これはいもち病だ!オリゼメートは使わなかったのか」と聞かれた。これがオリゼメートとの出会いである。翌年から本田でオリゼメート粒剤を使い始めた。6月中旬になるとセスナ機が飛んで来て、「農家の皆さんオリゼメートの散布適期です。オリゼメートを撒きましょう!」と航空宣伝されていたのは知っていたが、「あきたこまち」作付け前にオリゼメートは使わなかったという。
平成15年からはペースト肥料に側条オリゼメート顆粒水和剤を混和し、移殖と同時に側条施用するようになり、現在に至っている。
水稲は移植前の予防防除を徹底し、移植後は安心してキクの栽培に専念できる。キク栽培への取組みは10年前から。それまで、ほうれん草を栽培していたが、土地改良し葉菜類の栽培は困難と判断。以前から夢見ていたキク栽培に着手し、現在は後継者の辰徳さん(平成15年に就農)がキク栽培を担当している。また、キクのハウスは春先、地元農協から委託を受けてイネ苗を栽培しており、有効に活用している。

「大凶作」だった平成5年の話を聞いた。田村さんの水田地帯は平坦部でやや減収程度ですんだが、太平洋から奥羽山脈を越えて“だし風(やませ)”が入ってくる太田町の山手は収穫皆無であった。この“だし風”の川上から川下にかけていもち病が発生した。平坦部でも登熟が著しく遅れ、稲刈りは11月までかかり、たいへん苦労したという。

ひとたび天候に異変が起こると、自然相手の農業には大小様々な影響が出る。
田村さん親子は、創意工夫をこらし専業農家として粘り強く生きている。
そこには、東北人の質実剛健な伝統が受継がれていた。

PAGE TOP