40周年記念企画

東北の生産者

福島県河沼郡会津坂下町船形

品種の変遷は何回かあったが、オリゼメートの効果は一貫して安定していた。

佐藤さん2世代

佐藤さん2世代

  • 繁さん(昭和7年生まれ)
  • 栄一さん(昭和29年生まれ)

佐藤さんが農業を営む福島県会津坂下町は会津盆地の西部に位置し、町の中部から東側は盆地が広がり比較的平坦部で、水田が多い。一方、町の西側は山林が多く、佐藤さん在住の船形は山林地帯が始まろうとする地帯にある。

佐藤さんは、会津農業研修所を卒業後、昭和22年、先代を手伝い、農業に従事した。一方、長男の栄一さんは、会社に勤務する傍ら、農繁期には父親を手伝い、家業をフォローしている。

現在、佐藤さんは水稲の他、りんご、かき等の果樹類も栽培している。会津地方は日本海側の気象を呈し、冬期は降雪のある厳しい気候だが、農作物の生長する春期から初秋は天候に恵まれる穀倉地帯である。加えて、佐藤さんの農地の土質は粘土質で、硬度が深いため、水持ちが良く、美味しい米の源泉であるという。

オリゼメートとの出会いについて尋ねた。昭和57年から使い始めた。それまでは粉剤を2~3回使っていたが、効果は満足できるものではなかった。オリゼメートを中干し前に動力噴霧器で畦畔から散布することにより、安定した予防効果が得られた。当時、オリゼメートを散布するタイミングは、メーカーが空中宣伝のために飛ばしたセスナ機からの「農家の皆さん、オリゼメートを撒きましょう」であったと述懐した。

平成11年からは箱処理剤に切り替えた。当初、移植直前に畦畔で散布したが、その後、移植前に育苗ハウス内での散布にした。現在はハウス内で動力噴霧器にパットホースをつけ効率的な散布をしている。

繁さんは60年以上の長きに渡り、水稲栽培を経験しており、その間の水稲品種の変遷を聞いた。就農の頃は「農林21号」。この品種は昭和20~30年代における北陸地方の主力品種である。食味は良いが、いもち病に弱かったと繁さんの言。その後、「ササシグレ」、「藤坂5号」、「初星」、「トヨニシキ」、「キヨニシキ」と変遷し、昭和50年代には「ササニシキ」が登場し、所謂、銘柄米の時代が到来した。

昭和50年代後半には「コシヒカリ」の導入が進み、現在に至っている。まさに、戦後日本の水稲品種変遷史を聞いた次第である。
品種の変遷はあったが、オリゼメートの効果は一貫して安定していたという。

今、米作りで困っていることを尋ねると、「高齢だから、肥料でも農薬でも便利で省力なものが良い」という。そろそろ栄一さんに引継ぐ時が来たのか?長い間、家業を支えてきた繁さんに「たいへんご苦労様」とエールを送った。

PAGE TOP