40周年記念企画

中国の生産者

広島県庄原市

オリゼメートは「コシヒカリ」のいもち病対策に、
「新千本」の白葉枯病対策に使うことを先代から引継いだ。

藤谷さん2世代

藤谷さん2世代

  • 啓二さん(昭和29年生まれ)
  • 春樹さん(昭和62年生まれ)

藤谷さんが農業を営む広島県庄原市は県北東部に位置する県下最大面積の市である。中国山地の山懐にあり、東に岡山県、北に鳥取県、島根県と境を接する県境のまちである。県境周辺は1,200m級の高峰と森林に囲まれ、全市の85%余りを山林が占め、農地は約6,000ha。内、水田が約5,000haと大半を占める。

啓二さんは地元農協に勤めながら、平成4年先代から農業を引継いだ。春樹さんも地元農協に勤務の傍ら、平成20年から啓二さんを手伝い、現在は親子二人三脚で農業を営んでいる。

オリゼメートは、啓二さんが就農した時には既に「コシヒカリ」中心に使用しており、また、「新千本」にも白葉枯病対策として使用していた。中山間地域の入り組んだ地形からいもち病の多発地帯であり、記憶は不鮮明だが、先代は昭和50年代からオリゼメートを使用していたという。藤谷さんは3世代に渡りオリゼメートを使用し続けていることになる。現在は育苗箱処理剤(Dr.オリゼプリンス)を使い、ここ数年来いもち病はほとんど発生せず、安定した効果が確保されているという。

口数の少ない啓二さんに「農業の厳しい思い出」について尋ねると、平成5年の「大凶作」より、むしろ、平成6年の高温・水不足の記憶が鮮明に残っているようで、多発した胴割米の被害を回想していた。

また、最近の課題としては、「カメムシ」対策を指摘した。広島県では30年前から発生しているというが、斑点米による落等が散見される。

今後の課題等について、春樹さん共々伺った。
中山間地域の農業には、水管理や圃場の集約化等において平場にはない苦労が様々ある。また、諸経費は漸増傾向にある一方、米価の推移には厳しい状況が予測される。

この地でも農地の集約化が進みつつある。耕作放棄地の拡大や高齢化による作業不可等に対応して請負栽培等が進展している。一方、病害虫防除はここ2~3年で個人による地上防除から無人ヘリコプターで散布してもらうケースがでてきた。また、機械を共同使用するケースもある。

経営規模に限界がある中山間地では、様々な創意工夫の中、農業が連綿と存続している。

藤谷さん親子は共に地元農協に勤務しながら、徐々に栽培技術等を継承しつつ、静かだが、しっかり地に足をつけて日本の農業の一翼を担っているのである。

PAGE TOP