40周年記念企画

北海道の生産者

北海道空知郡奈井江町高島

平成21年道内でいもち病が大発生した。
幸い「ななつぼし」には予めオリゼメートを使いいもち病を未然に防げた。

大関さん2世代

写真は光敏さん

大関さん2世代

  • 光敏さん(昭和37年生まれ)
  • 貴也さん(平成元年生まれ)

奈井江町は、北海道の空知地方中部に位置する。石狩平野のやや北部にあり、石狩川左岸に接し、流域には中心市街及び農業・工業地帯がある。東部は空知炭田のある夕張山地にかかり、山岳・森林地帯である。かつて石炭産業で栄えたが、閉山に伴い人口は激減し、農業・工業の振興が図られた。札幌市と旭川市のほぼ中間に位置し、生活環境、生活消費流通、農業の大規模化及び企業立地など恵まれた環境にある。

大関光敏さんは、父である敏夫さんから昭和59年農業を引継いだ。引継いだ時の経営規模は約12haであったが、離農者からの農地買上げと北海道農業公社からの35年間農地貸借による買上制度を活用するなどして、現在は30haまで規模拡大した。光敏さんの長男である貴也さんは平成25年から農業を手伝うようになった。貴也さんの専業農家への意思は強く、後継者として大いに期待できる。
現在の経営内容は、水稲22haの他、ビート、秋播き小麦、ブロッコリーを栽培している。水稲は「ゆめぴりか」と「ななつぼし」を等分作付けしている。
直播栽培も導入している。加工米の「大地の星」を3.5ha乾田直播で栽培している。導入間もなく、未だ収量は安定しないという。
光敏さんは現在、『ゆめぴりか生産協力会』の会長を務め、同品種の特栽米振興を図っている。
オリゼメートは平成20年から使い始めた。「ななつぼし」のいもち病防除対策として普及センターの指導により使った。
「ななつぼし」の前の品種は「ほしのゆめ」。「ほしのゆめ」までのいもち病防除は、発生対応型で、基幹は後半の2回防除である。
それまではいもち病の予防防除は行わなかった。平成20年まで、いもち病自体をほとんど見たことがなかったのである。しかるに、平成21年道内でいもち病が大発生した。幸い、「ななつぼし」には予めオリゼメートを使い、いもち病を未然に防げた。オリゼメートを処理する7月上旬には低タンパク化を狙った珪酸肥料の散布が指導されており、互いの作業が徹底されることになった。今では直播にもオリゼメートを使っているという。
平成5年の凶作について聞いた。当時の作付け品種は「きらら397」50%減収の遅延型冷害であったという。とにかく、日照不足で気をもんだことを記憶している。

今後の農業ビジョンについて聞いた。光敏さんは当面の目標規模を50haとしている。個人経営では50haが限界という。また、8条の田植機での移植は20haが最大。
規模拡大には直播栽培の一層の導入が必要になる。水田規格の1ha化が進めば、さらに効率良く作業できるという。
ビジョンを語る光敏さんには、既に具体的なアクションプランがあるのだろう。強い戦略性を感じる、底力のある生産者に出会った。

PAGE TOP