40周年記念企画

近畿の生産者

兵庫県丹波市市島町

地元農協の指導もありオリゼメートを長く使い続けているが、
とにかく箱処理剤の持続性には信頼感をもっている。

尾松さん2世代

写真は善男さん

尾松さん2世代

  • 善男さん(昭和20年生まれ)
  • 善彦さん(昭和51年生まれ)

丹波市は兵庫県の東部に位置し、瀬戸内海と日本海のほぼ中間部に位置する山間にある。加古川水系の最上流、由良川水系の最上流に位置する。市島町は丹波市の北東部にある。水清く豊かな里である市島町には4件の造り酒屋がある。標高100m前後の盆地に、田畑が広がり、酒米の作付けが多い。

尾松善男さんは、昭和47年頃より先代である種雄さんを手伝い、農業に従事した。その頃の水稲品種は「日本晴」。比較的いもち病に強かったが、天候次第ではいもち病が多発し、種雄さんの苦労が記憶にある。今は請負も含め約5haの全てが「コシヒカリ」である。10年ほど前から、地元農協主導のもと、「コシヒカリ」の特別栽培に取組み、丹波産特栽米コシヒカリを『夢たんば』と称し、ブランド米として市場流通に供している。

コシヒカリ栽培には苦労話がある。天候や肥料の加減では下位節間が伸長し過ぎ、倒伏しやすくなることである。こんな特性から地域の生産者はコシヒカリを『コケヒカリ』などと呼んでいる。

オリゼメートとの出会いは昭和50年代後半。地元農協は粉剤から粒剤の指導を強化していた。当時は殺虫剤を箱処理して、6月下旬頃、本田でオリゼメートを撒いていた。今はオリゼメートの箱処理剤を田植機で移植同時処理している。
本田散布の頃は生産者によっては手抜きをし、時にはいもち病が発生したが、箱処理剤導入後は、ほぼきちんと処理されており、いもち病の発生は少なくなった。
地元農協の指導もありオリゼメートを長く使っているが、とにかく箱処理剤の持続性には信頼感をもっている。
他の病気について尋ねると、一部で白葉枯病が発生しているが、オリゼメートで予防可能である。また、紋枯病が増加傾向と聞くが、善男さんの水田ではほとんど発生はないという。

苦労話を聞いた。草刈と水管理とのこと。草刈は歩行型の草刈機を使うが、今年に入り既に5回。腰痛の種である。水管理は水利組合の役員を担っていることから、河川至近の水田は良いが、高い水田へはため水からの供給となり、調整に苦労するという。
水清く、大気清浄にして、陽穏やかな山里で、淡々と生きる尾松さんに、日本の原風景が育んだ揺るぎない命をみた思いである。

PAGE TOP