40周年記念企画

東北の生産者

岩手県花巻市湯口

いもち病防除を始め、稲作技術はほぼ確立されている。
むしろ、後継者を如何に確保・育成するかが重要である。

畠山さん2世代

畠山さん2世代

  • 岩さん(昭和10年生まれ)
  • 英剛さん(昭和41年生まれ)

畠山さんが農業を営む花巻市は岩手県内陸の中西部、東北の大河である北上川流域に広がる北上盆地を中心とした、水清くして大気清浄な穀倉地帯である。
また、この地は詩人・童話作家として『雨ニモマケズ』や『銀河鉄道の夜』などを著した宮沢賢治の生誕地でもある。

岩さんは昭和28年から先代を引継ぎ、農業に従事した。英剛さんは平成2年より、地元農協に勤務しながら、岩さんと協働して水稲や雑穀類の栽培に専心している。

岩さんに農業の歴史を聞いた。就農当時、手植えであった移植作業は、昭和43年に田植機を導入し、農作業の効率性は大きく飛躍した。
良質米である『ササニシキ』は昭和52年より作付けを始め、地元農協の指導によりオリゼメートを使用するようになった。むしろ、オリゼメートを使わなければ『ササニシキ』は作れなかったという。当初、本田粒剤であるオリゼメートは除草剤同様、手動の散粒機により散布しており、水田に入っての作業はかなりの重労働であった。この作業は、圃場整備が進んだ昭和56年からは、動力噴霧器を導入することにより大きく軽減した。現在はオリゼメートの箱処理剤により、さらに省力的な防除を実施している。

平成5年『平成の大凶作』の思い出について、10a当りの収量は『ササニシキ』で1俵、完全なる障害型冷害であった。この時期、英剛さんはライスセンターのオペレーターを務めていた。生産者から収穫物の少なさを痛感したという。

これからの農業について英剛さんは、稲作技術はほぼ確立されている。比較的小規模な家内労働では品質・収量は一定レベル確保できるが、大型化した時、高品質を保てるか?目指す方向は高品質を低コストで実現することだが、高品質ほどコスト高となりやすい。規模拡大の課題は多い。但し、専業化を目指すなら、規模拡大は必須である。しかも、水稲栽培で育苗・移植作業は最も労力を要する。作業分散する必要があり、直播栽培の導入も一考であろうと語る。
幅広い見地からのコメントはさすがに現役の農協職員である。

PAGE TOP