40周年記念企画

東北の生産者

宮城県仙台市泉区実沢

平成の大凶作年オリゼ未使用田の収量は30kg/10a。
一方、オリゼ使用田では540kg/10aの収量であった。

永澤さん3世代

永澤さん3世代

  • 庄一郎さん(昭和6年生まれ)
  • 太さん(昭和30年生まれ)
  • 秀和さん(昭和59年生まれ)

永澤さんが農業を営む仙台市泉区実沢は仙台市の北西部、泉ヶ岳山系を北に仰ぐ水豊かな農村地帯である。
北東部から南東部の台地は宅地開発が進み、実沢一帯は都市近郊の田園地帯といえる。
都市近郊のため農業の担い手は減少しつつあり、永澤さんのような専業農家が自然と農地を引継ぐこととなる。
現在の管理水田は25ha。

庄一郎さんは昭和20年、先代から農業を引継いだ。太さんは昭和50年頃には農業を手伝うようになり、オリゼメート粒剤は昭和52年~53年頃には地元農協の指導員に薦められ使い始めたという。
昭和45年からは減反政策は始まり、高く売れる高品質米「ササニシキ」の作付けが増加した。
しかし、「ササニシキ」はいもち病に弱く、3~4回散布剤を使っても満足な防除効果は得られなかった。オリゼメート粒剤導入後は、出穂期2回程度の体系防除で十分な防除効果が得られた。

平成4年には無人ヘリ専用製剤(オリゼメート粒剤20)が登録となり、オペレーター資格をもつ太さんはオリゼメートを無人ヘリで散布。
平成20年には長男の秀和さんも就農し、無人ヘリオペレーションでは父親である太さんを上回るウデをもつという。
祖父・親子3世代により精力的な農業経営が進行している。

特に印象に残っている思い出は、平成の大凶作と言われる平成5年のことであるという。
オリゼメートを使わなかった圃場では10a当り僅か30kg程度の収穫しかなかったが、オリゼメート使用田からはほぼ平年並みの9俵が収穫できたことである。
農業の将来展望について聞いた。
水稲は50ha位まで拡大したいという。
但し、移植栽培は作業性から現状の規模でほぼ最大か…?
規模拡大には直播栽培の導入が必要であり、しかも、できれば乾田直播がベストであるという。一方、直播には収量の安定性や収穫の作業性及び倒伏しやすい等、課題が多い。
一層の規模拡大には移植・直播を組合わせることが現実的には必須であるという。

都市化が進む仙台市での農業経営には複雑な課題があるという。
行政の目指す方向は都市化であり、土地開発は台地へと進行する。
くぼ地である水田地帯は開発しにくく、都市化からは取り残され、農業の専門家も少なくなりつつあるため、農業経営は僅かに残る優秀な生産者に益々集約されるだろうという永澤さん3世代の目の奥には「自分達がやらずに誰がやる」という漲る活力が溢れていた。

PAGE TOP