40周年記念企画

九州の生産者

宮崎県宮崎市池内町

オリゼとは早期水稲からの付き合い。
今では普通期水稲もきゅうりにも。

日高さん3世代

日高さん3世代

  • 房男さん(大正10年生まれ)
  • 順一さん(昭和23年生まれ)
  • 正浩さん(昭和51年生まれ)

宮崎県は日本一早い早期水稲から生産量日本一のピーマンなど農業が盛んな県である。
日高さんが農業を営む宮崎市池内町は市中央部よりやや北部に位置し、市中心部からも近いが、のどかな田園風景や園芸ハウスが見られる。早期水稲、普通期水稲、施設園芸があり年中農業が盛んな地区である。
日高さんは現在、早期水稲を6ha、普通期水稲を2ha、施設園芸を40a栽培している。

祖父の房男さんは昭和7年から父の順一さんは昭和39年から、そして息子である正浩さんは平成16年から親子3代で農業に従事している。房男さんは92歳まで現役であり、今もお元気な姿が印象的であった。

水稲栽培の歴史を伺うと、昔は「ズイホウ」、「日本晴」を栽培していたが、昭和53年ごろから早期水稲「コシヒカリ」、普通期水稲で「ヒノヒカリ」を栽培している。「水稲栽培のやり方も時代とともに大きく変わった」との順一さん談。就農当時は「田植機やコンバインはもちろん、トラクターもなく、全て人力や牛などで作業を実施していた」と当時を笑いながら振り返っていた。「そういえば昔は田植えや稲刈りの時は学校が公休だった」と当時は家族一丸でやっていたという。
大きな転機は早期水稲を作り始めたころからだという。オリゼメートとの付き合いも含め当時を振り返ってもらった。オリゼメートは普通期水稲における台風後の「白葉枯病」対策で使用していたが、本格的な付き合いは早期水稲を導入し始めた昭和56年ごろからとのこと。当時は普通期の「日本晴」を栽培していたが、台風被害の軽減と早場米としての価格安定を狙い早期水稲「コシヒカリ」の栽培へ変更した。早期水稲を栽培し始めると、今までの普通期水稲では問題にならなかったことが顕在化したという。「収穫時期の倒伏と「いもち病」の発生が問題となった」との順一さん談。早期水稲でオリゼメートを使用するきっかけとなったのは、昭和56年、迫田(山間部の谷の田)でオリゼメート粒剤を試験し効果が良かった情報を順一さんが得たことに始まる。

その後、薬剤の進化により育苗箱施用剤の「Dr.オリゼ箱粒剤」などを早期水稲で現在も使用しており、普通期水稲では平成24年から「ビルダーフェルテラチェス粒剤」を使用している。施設園芸も昭和45年ごろからはじめ、現在では「オリゼメート粒剤」などをきゅうり斑点細菌病対策で使用している。水稲から園芸作物までオリゼメートを使用し、水稲の「いもち病」やきゅうりの「斑点細菌病」で「大きな問題なったことはない」とのうれしい評価を得た。

順一さんに「現在、稲作で一番苦労することは?」との質問に対し「雑草管理と水管理です」との答えが返ってきた。また「この頃困っている病害虫は?」との質問に対し、「いもち病、紋枯病、斑点米カメムシ、ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)、ウンカ類」という。

最後に今後の経営方針について質問した。順一さんからは「稲作の状況や行政の流れをよく見ながら今の流れを継続していきたい。また、来年度から飼料米も導入していく」とのこと。また、最後に日高氏より「オリゼメートをこれからも使用していきたい」と温かな言葉を頂いた。
日高さん親子3代で元気に写真に写る姿に強い絆を感じた。

PAGE TOP