40周年記念企画

九州の生産者

大分県豊後大野市犬飼町

効果は非常に安定していた。
耐性菌が出にくいというオリゼメート独自の特徴は非常に目新しかった。

八坂さん2世代

写真は孝範さん

八坂さん2世代

  • 百人さん(大正12年生まれ)
  • 孝範さん(昭和31年生まれ)

八坂さんが生まれ育った大分県豊後大野は県中央部に位置し、日本滝百選に選ばれた原尻の滝、沈堕の滝や名水百選に選ばれた白川山がある、県内でも有数の水に恵まれた土地である。

それに加えて、九州では寒さが厳しい大分県内にあって年中比較的温暖な気候であることから、水稲栽培のみならずピーマン、かんしょ等園芸作物や大分の主力ブランド牛である豊後牛など様々な農畜産物の生産が行われている。

八坂さんがオリゼメートと出会ったのは豊後大野管内での青空教室にて指導員の先生方がオリゼメートを推進していた頃とのこと。

そのころ抵抗性誘導という言葉は聞きなじみもなく半信半疑であったものの、実際に百人さんが使ったところその効果は非常に安定していた。耐性菌が出にくいというオリゼメート独自の特徴も非常に目新しかったという。

それ以来百人さん、孝範さんともに特にいもち病で困った記憶もなく、全国的に大不作といわれた平成5年の際もいもち病の発生は目立たず、ほぼ例年通りの収量が得られたとのことであった。

現在はビルダープリンス粒剤を使用しており長期箱剤の存在は兼業や大規模農家の強い味方になっている。この経験から厳しい気候に左右されない安定したオリゼメートの効果は確信に変わり、現在でも安心して使用を続けている。

自らが生産者でありながら、JAの営農指導という立場からも豊後大野地域の生産者へ向けオリゼメートを使用した安定した水稲栽培技術を普及してくださっており、当地域の生産量安定へ尽力している孝範さん。

定年後は豊後大野地域の豊富な水をさらに活かし、犬飼地区初となる農業法人を組織し更なる水稲等農作物の安定生産に尽力したいとのこと。
「私の人生は農業とともに!」これからの厳しい国内農業情勢に立ち向かう強い意気込みが感じられた。

PAGE TOP