40周年記念企画

北陸の生産者

富山県砺波市増山

かつて、いもち病の防除はしなかったが、収穫すると首が折れていた。
昭和63年よりオリゼメートを使い、救われた。

宮野さん2世代

宮野さん2世代

  • 健一さん(昭和27年生まれ)
  • 幸一さん(昭和51年生まれ)

宮野さんが農業を営む砺波市は富山県西部の市である。富山平野南西部の砺波平野は農家が田園に点々と散在する散居村の風景が美しく、また、チューリップ球根の産地でもある。宮野さんの水田は平野が見渡せる、小高い丘上にある。
農業用水は「芹谷の用水」として上流から引いてきている。
戦国時代、付近は増山城の城下町であり、寺町として寺社仏閣が集まっていたという。

健一さんは昭和61年から先代を引継ぎ、農業に従事した。平成6年からは、幸一さんが就農し、宮野家の戦略は大きく飛躍した。現在、耕地は40ha、水稲34ha、そば6haなどを栽培する専業農家である。

かつて砺波平野では、いもち病が大発生すると、収量は10a当り1俵と大減収することがあった。
また、いもち病防除をしなかった時など、収穫すると首が折れていることがあったという。地元農協や近在の中核農家から薦められ、オリゼメートは昭和63年から使い始めた。
オリゼメート導入以来、収量は安定したという。
本田剤から始まり、箱処理剤は殺虫剤の見直しを進め、現在3世代目(ファーストオリゼフェルテラ剤)を播種同時処理で使っている。
水稲栽培は34haだが、移植栽培は21ha、残り13haは湛水直播栽培を鉄コーティング籾による8条点播で導入している。直播栽培ではオリゼメートを本田施用しているが、移植栽培の箱処理に匹敵する省力防除法を直播栽培でも開発願いたいとする強い希望が出された。
平成5年の思い出を聞いた。減収の最大の原因は遅延型冷害であったという。
今後、農業は一層の競争力強化が求められるようになる。厳しい状況下でも高品質を維持し、ユーザーのニーズに対応できるように努力したいという宮野さん親子にはプロとしての強い決意が込められていた。

富山県(福光町)には江戸時代の加賀藩の時代から稲の病害虫を払う「熱送り」の民俗伝統行事がある。現在でも「ねつおくり七夕祭り」として土用の三番の日に続けられている。
イネいもち病は古くは「稲熱病」と書かれた。これは、イネがいもち病にかかると熱をもったように真っ赤になることを例えた呼び方である。富山県の「熱送り」行事はいもち病にかかって「熱」をもたないよう「払う」行事なのであろう。江戸時代から、いもち病は稲作にとって恐れられていた病気なのである。

PAGE TOP