40周年記念企画

東北の生産者

山形県尾花沢市

尾花沢は県内有数のいもち病常発地。
ここで効けば一流の農薬であると言われた。

高橋さん2世代

高橋さん2世代

  • 喜久雄さん(昭和26年生まれ)
  • 寛喜さん(昭和57年生まれ)

高橋さんが農業を営む山形県尾花沢市は村山地域北東部に位置する。内陸の平地から中山間に至る雪深い地域である。東部は奥羽山脈を背に宮城県と接し、西部は北上する最上川を境として隣町と接している。分水嶺では日本海側でありながら、夏の気候は太平洋からのだし風(やませ)が標高の低くなった奥羽山脈を越え、冷気をもたらし、稲作には厳しい気候である。かつて尾花沢には県の冷害試験地があったほどである。

高橋喜久雄さんは昭和46年、先代から農業を引継ぎ、長男寛喜さんは平成22年から本格的に就農した。現在、高橋さん親子は水稲と切花栽培に加え、仲間3名と減反水田を活用し、計53haのそば栽培も営んでおり、地域では先進的な専業農家である。切花栽培は当初、育苗ハウスの有効活用として着手したが、平成5年の大冷害に伴う、県からの施設補助を活用し、本格的に始めるに至った。

尾花沢は県内でも有数のいもち病常発地で、ここで効くいもち剤は一流であると言われた。高橋さんは昭和55年以前からオリゼメート粒剤を使い始めたという。平成5年の大冷害で尾花沢は遅延型冷害により減収となったが、昭和55年の冷害では、オリゼメート粒剤未使用田では穂首いもちにより白穂・不稔となり、10aで1俵以下、ほとんど収穫できない状況であった。この時の薬剤の力は忘れられないという。以来、高橋さんは今日までオリゼメートを使い続けている。
本田用のオリゼメート粒剤は平成22年まで使った。6月に水田を見に行けるのはオリゼのお蔭と言っていたが、長男の寛喜さん就農を機に田植機を一新し、今はDr.オリゼ剤を田植同時箱処理により使用している。

今後の展望について規模拡大はせず、家族でできる範囲で維持していきたいという。離農者の水田は借り受けそばを栽培している。直播栽培については中山間の豪雪地帯のため、収量の確保は相当難しい。桃源郷のような静寂な山あいの農村で、しっかり地に足をつけ、家族の固い絆により、直向に農業に取組んでいる力強い親子をみた…。

PAGE TOP