40周年記念企画

関東の生産者

山梨県北杜市白州町

こんな標高の高い所ではオリゼメートがなければ「コシヒカリ」は栽培できない。

古屋さん2世代

古屋さん2世代

  • 常雄さん(昭和10年生まれ)
  • 一仁さん(昭和46年生まれ)

北杜市は、山梨県の北西部に位置する市で、白州町はその西端に位置し、長野県と県境を接する高原の町である。町名は、河川の流れにより、花崗岩でできた山肌が削られ、運ばれて形作られた白砂の扇状地に由来する。釜無川の渓谷を挟んで、北方は八ヶ岳連峰の裾野に接し、南方には南アルプスの名峰甲斐駒ケ岳が屹立している。高山を源とする豊かな清水に恵まれ、甲斐駒ケ岳源流の尾白川の水は「日本名水百選」にも選ばれている。

古屋常雄さんは昭和30年、先代から農業を引継いだ。当時の水稲品種は「農林17号」、「藤坂5号」、「農林24号」など耐冷性品種が主力。その後、「農林48号」を経て、一時期「トヨニシキ」、「ひとめぼれ」を導入したが、この20年間は「コシヒカリ」が主力品種である。一方、昭和55年頃より畜産(肉用牛)にも着手。ホルスタインから現在は性格のおとなしい黒毛和牛を飼育している。黒毛和牛を導入した平成10年からは専業農家として本格的な複合経営を進めている。また、この平成10年は一仁さんが地元役所に勤める傍ら、本格的にサポートを始めるようになった時期である。現在、水稲の作付面積は約8ha。全て特別栽培米として出荷している。オリゼメートの導入は平成5年より、無人ヘリでの散布で始まった。その後、箱処理剤へとシフトし、現在に至っている。箱処理剤は全て奥様の手撒き。8ha分はたいへんだが、心をこめて散布される農薬は本望であろう。

水田は標高600~900mにあり、こんな標高の高い所では、オリゼメートがなければ「コシヒカリ」は栽培できないという。

ちょうど、オリゼメートを導入した平成5年は、「大凶作」の年。当時の作柄について聞いたところ、若干減収した程度であった。山梨県は四方高山に囲まれ、恵まれていたという。特に、北杜市の作柄は安定している。

地元農協の指導(特Aのための5原則)もあり、水田の肥培管理や水管理等、栽培全般に注力しているが、一番の困り者は雑草。特に「ホタルイ」、「コナギ」には手を焼いているという。

古屋さんの家の前からは、勇壮な甲斐駒ケ岳が眼前に迫る。この類稀な大自然に抱かれて、古屋さん親子は『清らかな水と清浄な大気と気温の日較差』はおいしい米の源泉であることに確信をもっているようであった。

PAGE TOP