オリゼメートの作用

プロベナゾールには病原菌を直接殺菌する作用はありません。高濃度のプロベナゾールを直接いもち病菌へ処理しても、その生育は無処理と変わりません。これはプロベナゾールがいもち病菌に対する直接殺菌力がないことを示しております。では、何故プロベナゾールは実際に高い防除効果を示すのでしょうか?

2.プロベナゾールの主な作用点

プロベナゾールには大きく分けて3つの作用があります。①活性酵素(O2−)の産生誘導によるアポトーシス(細胞死)、②植物自らが産生する抗菌性物質の産生力増強、③細胞壁の木質化により物理的に病原菌の侵入を阻止、これら3つの反応が連続して起こり、いもち病菌のイネ体内への侵入・進展を阻止します。

防御反応誘導におけるSAR情報伝達系と
プロベナゾールの推定作用点

プロベナゾールはSAR情報伝達系の上流で作用するためPR遺伝子以外にも多くの防御遺伝子を活性化させ、防御反応を完成させていると推測されます。

遺伝子名 機能、特徴など
PBZ1 PR-10。RNA分解酵素と類似したアミノ酸配列を持つ。
RPR1 抵抗性遺伝子産物と類似したアミノ酸配列を持つ。
リボキシゲナーゼ 脂肪酸を過酸化させる酵素。過酸化脂肪酸は低抗菌性を示す。
キチナーゼ 糸状菌の細胞壁にも含まれるキチンを分解する酵素。
β-1,3-グルカナーゼ 糸状菌の細胞壁にも含まれるグルカンを分解する酵素。
パーオキシダーゼ リグニンの生合成などに関与する酵素。
コーヒー酸メチル基転移酵素 リグニンの生合成などに関与する酵素。
S-アデノシルメチオニン合成酵素 エチレンの生合成などに関与する酵素。
受容体キナーゼ様蛋白質 抵抗性遺伝子産物と類似。病原菌の認識に関与。

プロベナゾールで誘導される主なイネ遺伝子

PAGE TOP