水稲研究最前線

植物病原菌の薬剤耐性菌について考えよう

独立行政法人農業環境技術研究所
石井英夫先生

1.「耐性菌」とは?

ここでは、「薬剤耐性菌」のことを「耐性菌」と呼ぶことにします。それでは、「耐性菌」とはどんなものでしょうか?

皆さんの中に酒に強い方や弱い方がおられるように、病原菌の薬剤に対する感受性も個体(菌株といいます)によって異なります。薬剤に弱いものと比較的強いものがいます。それでも、農薬として使用する薬剤は、ある病害の防除に最初は有効なはずですから、これに対する菌の感受性は通常、ある範囲内に収まります(図-1)。これを、感受性のベースラインと呼びます。

図-1 病原菌の薬剤感受性のベースライン

図の中の曲線は、それぞれの感受性菌株の薬剤に対する反応を示す。この曲線の外側(右)に耐性菌が位置するが、最初はごく低率なので、目には見えない。

 ところが、圃場で生活する無数の菌の中には、その薬剤を使っていなくても、感受性がベースラインから外れた耐性菌がごく僅か存在します。なぜでしょうか?それは、菌がまれに突然変異を起こして、耐性菌になるからです。薬剤を使ったために、その突然変異が起こるのではありません。耐性菌はもともといるのです。少なくとも現在は、そのように考えられています。

はじめはごく僅かしかいない耐性菌ですが、薬剤を使っていくうちに、圃場でその存在感を増していきます。その薬剤で感受性菌が数を減らしていく代わりに、耐性菌が増殖して次第にのさばるようになります。つまり、薬剤の使用が結果的に耐性菌を選抜するのです(図-2)。現場ではよく、『耐性がついた』などといいますが、正しくは『耐性菌が選ばれた』とか『耐性菌が増えた』とかいうべきでしょう。

図-2 耐性菌の発達パターン

(a)薬剤の使用によって高いレベルの耐性菌が急速に発達するケース。
(b)薬剤を使用すると感受性の低い菌が現れるが、耐性菌の発達はゆっくりと進行するケース。

2.耐性菌問題はいつごろから?

ヒトや家畜を病原菌や病原ウイルスから守るために使われる抗生物質などが、耐性を持った菌やウイルスのために効かなくなることはよく知られています。一般の新聞などにも報道されることがありますから、皆さんもよくご存じでしょう。ところが、農作物の病原菌でも耐性菌はたびたび問題を引き起こします。その歴史はわが国では、1970年代の初めに遡ります。

1971年、鳥取県で二十世紀ナシの大敵、黒斑病が大発生しました。そのさなか、関係機関の調査によって、ポリオキシンという抗生物質が効かない耐性菌がたくさん見つかりました。ちょうど同じ年、山形県の庄内地方のイネからは、やはり抗生物質であるカスガマイシンに耐性を持ついもち病菌が見つかって、大きな問題となりました。何しろ、いもち病は昔も今も、わが国でもっとも重要な病害ですから。そして実はこれと前後して、海の向こうでもやはり耐性菌問題が起こっていました。

PAGE TOP