旬味にっぽん

石川県七尾市中島町の中島菜 多賀 重雄(たが しげお)さん

ずっと作り続けた特別な「野菜」

平成の名水百選「藤瀬の水」で有名なこの地で、能登を代表する伝統野菜、中島菜が生まれました。江戸時代に栽培が始まった、伝統ある野菜です。中島菜は肥料が多く必要な野菜で、有機肥料を用いた土作りにこだわっています。近年、中島菜の豊富な栄養価が発見され、様々な加工食品となって注目を集めています。

石川県七尾市の中島菜

長い伝統がある中島菜。野沢菜に負けないよう頑張っていきたいです。

JA能登わかば「JAグリーンわかばの里」 職員の皆さま

PAGE TOP