現在地はホーム > プレスリリース > 2015年 > −大鵬薬品工業とMeiji Seikaファルマ− 新規経口アレルギー性疾患治療薬TAC-202(ビラスチン)国内共同販売契約締結のお知らせ


2015年

−大鵬薬品工業とMeiji Seikaファルマ−
新規経口アレルギー性疾患治療薬TAC-202(ビラスチン)
国内共同販売契約締結のお知らせ

2015年12月17日

大鵬薬品工業株式会社(本社:東京、代表取締役社長:小林 将之、以下 大鵬薬品)とMeiji Seikaファルマ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:小林 大吉郎、以下 Meiji)は、大鵬薬品が本年11月に製造販売承認申請を行った新規経口アレルギー性疾患治療薬TAC-202(一般名:ビラスチン、以下 本剤)について、国内における共同販売契約を本日締結したことをお知らせします。

本契約に基づき、Meijiは日本における本剤の共同販売権を取得し、大鵬薬品が本剤の製造販売承認を取得した後、医療従事者への情報提供活動を両社で実施します。
Meijiは契約一時金と販売額の目標達成に応じたマイルストーンを大鵬薬品に支払います。

本剤は、スペインのファエス・ファルマ社(本社:レイオア、社長:Mariano Ucar Angulo、以下ファエス社)が創製した新規有効成分の第二世代ヒスタミンH1受容体拮抗薬で、2010年に欧州で承認されました。大鵬薬品は、ファエス社と2012年7月に日本での開発販売権に関するライセンス契約を締結し、本剤の開発を行ってきました。海外では、「アレルギー性鼻炎、蕁麻疹」を効能・効果として90以上の国・地域※で承認され、ファエス社と多くの企業とのライセンス契約のもと販売されています。

※:2015年5月現在(最新)

大鵬薬品とMeijiは、今後も免疫・アレルギー領域において、患者さんと医療に携わる方々により一層貢献できるよう努めてまいります。

【ファエス・ファルマ社について】
ファエス・ファルマ社は、スペインの医薬品業界のリーディングカンパニーの一つであり、新薬の開発、製造および販売に注力しています。また、ポルトガル、ラテン・アメリカおよびアフリカにも強力なプレゼンスを持つとともに、ビラスチンを中心に国際化に向け邁進しています。


会社概要
大鵬薬品工業株式会社
設立年月日 1963年6月1日
本社所在地 〒101-8444 東京都千代田区神田錦町1-27
代表取締役社長 小林 将之
売上高 913億円(2014年12月期)
従業員数 2,554名(2014年12月末現在)
事業内容 医薬品、医薬部外品、医療機器などの製造、販売及び輸出入
URL http://www.taiho.co.jp/

※決算期の変更に伴い、2014年12月期は9カ月決算です。


会社概要
Meiji Seikaファルマ株式会社
設立年月日 1916年10月9日
本社所在地 〒104-8002 東京都中央区京橋二丁目4番16号
代表取締役社長 小林 大吉郎
売上高 1,413億38百万円(2015年3月期連結売上)
従業員数 5,565名(連結グループ会社を含む、2015年3月31日現在)
事業内容 医療用医薬品、農薬、動物薬の製造販売等
URL http://www.meiji-seika-pharma.co.jp/

このページのトップへ

プレスリリース