現在地はホーム > プレスリリース > 2016年 > 前立腺肥大症治療薬ME3113(udenafil)の開発中止に関するお知らせ


2016年

前立腺肥大症治療薬ME3113(udenafil)の開発中止に関するお知らせ

2016年5月10日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎)は、前立腺肥大症治療薬ME3113 (開発番号、国際一般名:udenafil)の開発を中止しましたので、お知らせします。

ME3113は東亞ST株式会社(本社:大韓民国ソウル特別市、代表理事社長:姜壽亨(カン・スーヒョン))が創出した5型ホスホジエステラーゼ(PDE5)選択的阻害剤であり、当社は東亞ST株式会社とのライセンス契約に基づき本剤を前立腺肥大症治療薬として、日本国内での開発を進めていました。しかしながら、臨床試験成績を踏まえ、当社として開発妥当性を総合的に検討した結果、本剤の開発中止を決定しました。なお、開発中止に伴う当社業績への影響は軽微です。


以上


このページのトップへ

プレスリリース