現在地はホーム > プレスリリース > 2018年 > Meiji Seika ファルマとKMバイオロジクスとの動物用製品に関する国内コ・プロモーション契約締結のお知らせ


2018年

Meiji Seika ファルマとKMバイオロジクスとの
動物用製品に関する国内コ・プロモーション契約締結のお知らせ

2018年10月17日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 大吉郎)とKMバイオロジクス株式会社(本社:熊本市北区、代表取締役社長:永里 敏秋)は、両社の下記対象製品に関する日本国内でのコ・プロモーション契約を締結しましたのでお知らせします。

【対象製品】

Meiji Seika ファルマがプロモーションするKMバイオロジクス製品
① スイムジェンTGE/PED(豚伝染性胃腸炎・豚流行性下痢混合生ワクチン)
KMバイオロジクスがプロモーションするMeiji Seika ファルマ製品
① アストップ、アストップ200(逆性せっけん系消毒剤)
② クレンテ(ジクロルイソシアヌル酸系消毒剤)
③ 明治キトサイドC(混合飼料)

養豚分野を得意領域とするMeiji Seika ファルマと、養鶏分野を得意領域とするKMバイオロジクスの両社がコ・プロモーションすることで、より多くのお客様に両社の製品の有用性をお伝えできるという、これまでにないシナジーが得られるものと期待しております。

Meiji Seika ファルマとKMバイオロジクスは、消毒薬、混合飼料、ワクチン、抗菌薬を含む予防から治療、健康維持に係る両社製品の供給を通じて、動物を病気から守り、安全・安心な畜水産物の安定供給と生産性の向上により、畜水産業の発展に貢献してまいります。

以上

*KMバイオロジクスは、一般財団法人化学及血清療法研究所が株式会社である子法人を設立し、人体用ワクチンなどの主要事業を現物出資の方法により承継した上、株式譲渡契約書に基づき、2018年7月2日にその全ての普通株式を、明治グループ(明治ホールディングス株式会社、Meiji Seikaファルマ株式会社)、熊本県企業グループ、熊本県が設立する株式会社に譲渡して発足した会社です。

このページのトップへ

プレスリリース