現在地はホーム > プレスリリース > 2019年 > 新規殺虫成分フルピリミンを含有する殺虫剤および殺虫殺菌剤の国内農薬登録取得、ならびにインドでの農薬登録申請に関するお知らせ


2019年

新規殺虫成分フルピリミンを含有する殺虫剤および殺虫殺菌剤の
国内農薬登録取得、ならびにインドでの農薬登録申請に関するお知らせ

2019年6月27日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎、以下「Meiji」)は本日、新規殺虫成分フルピリミン(一般名)を含有する殺虫剤「リディア®箱粒剤」および「エミリア®フロアブル」、ならびに殺虫殺菌剤「Dr.オリゼ®リディア®箱粒剤」の日本における農薬登録を取得したので、お知らせします。

また、このたびライセンス先であるアリスタライフサイエンス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼最高経営責任者:小林久哉、以下「アリスタ」*1)の親会社であるUPL Limitedがインドにおいてフルピリミンの農薬登録を申請したので、あわせてお知らせします。なお、Meijiは2018年3月、同成分のインドにおける独占的な開発、販売権をアリスタに許諾しています。

国内で農薬登録を取得した3剤は、Meijiが独自開発した新規殺虫成分フルピリミンを有効成分とする殺虫剤、ならびに同成分を殺菌剤オリゼメートと混合した殺虫殺菌剤です。
フルピリミンは既存の殺虫剤とは異なる作用機作を有しており、水稲の初期害虫やウンカ類、チョウ目害虫、イナゴ類、ハエ類、カメムシ類*2に高い効果を示します。また、フルピリミンは各種殺虫剤に対し感受性が低下した害虫に対しても、効果を示す一方で、ミツバチや有用昆虫に対して毒性が低く、環境に与える負荷が小さいことが特長です。

Meijiはフルピリミンの特長を生かし、国内の水稲栽培に貢献できるよう普及販売に努めます。また、今後も世界の農業に貢献する画期的な新剤を創出してまいります。

以上

*1; アリスタは、2019年1月31日付でUPL Limitedの子会社となりました。

*2; 適用害虫については適用表をご覧ください。

* 「リディア®」・「エミリア®」・「Dr.オリゼ®」はMeiji Seika ファルマ株式会社の登録商標です。

参考

このページのトップへ

プレスリリース