現在地はホーム > プレスリリース > 2019年 > インドネシアにおける参天製薬株式会社製品の販売開始に関するお知らせ


2019年

インドネシアにおける参天製薬株式会社製品の
販売開始に関するお知らせ

2019年8月7日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 大吉郎、以下「Meiji」)は、2018年11月に参天製薬株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼CEO:黒川 明、以下「参天製薬」)と締結した業務提携契約に基づき、インドネシアにおいて参天製薬の次の医療用医薬品の販売を開始しましたのでお知らせします。

ドライアイ治療剤 DIQUAS ophthalmic solution 3%
(日本製品名:ジクアス点眼液3%、一般名:ジクアホソルナトリウム)
緑内障・高眼圧症治療薬 TAFLOTAN ophthalmic solution 0.0015%
(日本製品名:タプロス点眼液0.0015%、一般名:タフルプロスト)

本製品は参天製薬との契約に基づき、Meijiの連結子会社であるPT. メイジ・インドネシア・ファーマシューティカル・インダストリーズ(本社:ジャカルタ首都特別州、社長:佐藤 昌信、以下「PT. メイジ」)が、参天製薬の支援のもと、インドネシア国内での販売および情報提供活動を行います。PT. メイジは同社内に眼科専門の営業チームを新設し情報提供活動を行います。今後、順次対象製品を追加し、製品ラインアップを拡充することで、参天製薬と共にインドネシアの眼科領域市場でのシェア拡大を目指します。

Meijiと参天製薬は、インドネシアでの眼科用治療薬の販売を通じ、アジア・新興国地域の人々の健康維持に貢献してまいります。

以上

参考

◆PT. Meiji Indonesian Pharmaceutical Industries
  • 設立:1974年
  • 所在地:Jalan Prof. Dr. Soepomo No. 40, Tebet, Jakarta Selatan, 12870 Indonesia
  • President Director:佐藤 昌信
  • 従業員:799人(2019年3月末現在)
  • 親会社:Meiji Seika ファルマ株式会社
  • 事業内容:医薬品の製造販売、輸出

このページのトップへ

プレスリリース