現在地はホーム > プレスリリース > 2021年 > 慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬共同プロモーションおよび販売提携に関する契約の終了について


2021年

慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬
共同プロモーションおよび販売提携に関する契約の終了について

2021年03月12日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎、以下「Meiji」)とノバルティス ファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レオ・リー、以下「ノバルティス ファーマ」)は、ノバルティス ファーマが慢性閉塞性肺疾患(以下、COPD)の治療薬として製造販売している「ウルティブロ®吸入用カプセル」(一般名:グリコピロニウム臭化物/インダカテロールマレイン酸塩、以下、「ウルティブロ」)および「シーブリ®吸入用カプセル50μg」(一般名:グリコピロニウム臭化物、以下「シーブリ」)について、国内における共同プロモーションおよび販売提携契約を終了することに合意しましたので、お知らせします。

Meijiとノバルティス ファーマは、呼吸器領域およびCOPD領域においてそれぞれ高い専門性を有する両社が協力することにより、ウルティブロおよびシーブリに関する適正使用情報を迅速かつ広汎に提供し治療ニーズ充足とベネフィット向上に貢献するため、2016年1月に契約を締結し共同でプロモーションを進めてきました。このたびの契約終了に伴い、ウルティブロおよびシーブリに関するMeijiによるプロモーションは2021年3月31日で終了し、4月1日以降はノバルティス ファーマが単独でプロモーションを継続します。
なお、Meijiは当面ウルティブロおよびシーブリの販売を継続しますが、ノバルティス ファーマは同社の製品流通環境が整い次第、年内の両社で合意した日から、同社製造販売品の出荷を開始する予定です。

Meijiとノバルティス ファーマは、今後ウルティブロ、シーブリの共同プロモーション終了に伴う業務を滞りなく進めるとともに、引き続き医療関係者の方々に望まれる医薬品をお届けすることで、人々の健康に貢献してまいります。

以上

このページのトップへ

プレスリリース