現在地はホーム > プレスリリース > 2016年 > 「クロピドグレル錠『明治』」の効能・効果および用法・用量の追加承認取得に関するお知らせ


2016年

「クロピドグレル錠『明治』」の効能・効果および用法・用量の追加承認取得に関するお知らせ

2016年12月21日

Meiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林大吉郎、以下Meiji)は、ジェネリック医薬品「クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg『明治』」について、本日「効能・効果」および「用法・用量」の追加承認を取得しましたのでお知らせします。これにより、「効能・効果」および「用法・用量」は先発医薬品と同一になります。詳細は下記のとおりです。

製品名 クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg 「明治」
効能・効果
(下線部分が追加)
  • 虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
    急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
    安定狭心症、陳旧性心筋梗塞
  • 末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制
用法・用量
(下線部分が追加)
  • 虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
    通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患の場合
    通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与する。
  • 末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
    通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。

Meijiは「スペシャリティ&ジェネリック・ファルマ」として、安全で高品質なジェネリック医薬品の安定供給と情報提供に努めてまいります。

以上


医療関係者の方は下記より詳しい情報をご覧いただけます。新製品情報ページ

このページのトップへ

プレスリリース