現在地はホーム > 研究開発 > 研究倫理関連です。


研究倫理関連

動物実験における倫理的配慮

医薬品、農薬や動物用製品の研究開発において、その安全性・有効性を確認するために実施する動物実験に際しては、科学的妥当性ならびに実験動物への倫理的配慮を充分に踏まえて、適正に実施する必要があります。

@当社では、「動物の愛護及び管理に関する法律」ならびに「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」等に則って動物実験に関する規定を定めています。

Aまた、動物実験計画書が3Rの原則(Reduction:動物数の削減、Replacement:代替法の利用、Refinement:苦痛の軽減)に基づいて策定されているかについて、動物実験委員会により審査した上で適正に実験を行なっています。

Bさらに、動物実験の実施状況等を定期的に自己点検・評価し、動物実験が適正に実施されていることを確認するとともに、上記の取り組みについて第三者(公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センター)による認証を取得しています。

以上

このページのトップへ