大蔵製薬について

ごあいさつ

 私たち大蔵製薬は、国内の製薬企業様に向けて、独創的で人に優しい製品とご
安心いただけるサービスをご提供することで、人びとの健康と健やかな暮らしに貢献
することを理念としています。
 1955年(昭和30年)の会社創立以来、医療用医薬品を中心に知見・技術を
積み重ねてまいりました。今日では主力3事業である「経口ゼリー剤の開発・生産受
託」、「体外診断用医薬品の開発・製造販売」、「ペニシリンと動物薬の試験検査受
託」に加え、2017年(平成29年)7月より医療用医薬品(セフジトレンピボキシル
錠100mg「OK」)の製造販売を開始しました。これら各事業を通じて大蔵製薬の
使命を果たしていくことが、私たち一人ひとりの願いです。

                            代表取締役社長 梅本 隆司

会社概要

社 名 大蔵製薬株式会社
代表取締役 梅本 隆司
本 社

〒601-8025 京都市南区東九条柳下町66番地

TEL 075-661-1661 FAX 075-682-5590

資本金 7,221万円
株 主 Meiji Seika ファルマ株式会社(100%)
従業員 170人
取引銀行 みずほ銀行 京都中央支店
主な取引先 アルフレッサファーマ株式会社、エーザイ株式会社、参天製薬株式会社、株式会社三和化学研究所、
Meiji Seika ファルマ株式会社
加盟団体 大阪医薬品協会、日本臨床検査薬協会、日本ジェネリック製薬協会

会社沿革

1955年 9月 大蔵化成株式会社設立
1980年 3月 大蔵製薬株式会社に社名変更
1990年10月 明治乳業株式会社が全株取得し、グループ会社へ
1998年 4月 小田原工場新設(経口ゼリー剤、培養食品素材製造)
1998年 7月 経口ゼリー剤の製造を開始(国内初)
1999年10月 体外診断薬の製造販売を開始
2002年 8月 国内初の一般用経口ゼリー剤を発売
2006年10月 宇治第二工場新設
2007年12月 小田原工場を閉鎖、宇治工場に統合
研究開発棟を宇治第二工場に併設
2008年 2月 「ISO13485」、「ISO9001」 認証取得
(体外診断用医薬品の品質マネジメントシステム)
2010年 4月 明治製菓株式会社が全株取得し、グループ会社へ
健康食品事業(ヘルスウェイ事業部)を株式会社明治フードマテリアへ譲渡
2011年 4月 明治グループ再編に伴い、Meiji Seika ファルマ株式会社のグループ会社へ
2013年 8月 ペニシリン製剤試験検査業務を中川原工場において開始
2016年 8月 診断薬開発棟を宇治工場に併設
2017年 7月 中川原工場を廃止し、宇治試験検査センターを開設
2017年 7月 医療用医薬品セフジトレンピボキシル錠100mg「OK」の製造販売を開始

事業所一覧

本社

〒601-8025

京都市南区東九条柳下町66番地

TEL 075-661-1661(代表) FAX 075-682-5590

詳細地図を見る

宇治工場 ・ 診断薬開発棟

〒611-0041

京都府宇治市槙島町十六 47番地

TEL 0774-20-3250(宇治工場) TEL 0774-20-3600(診断薬開発棟)
FAX 0774-23-7217(宇治工場) FAX 0774-25-7171(診断薬開発部)

詳細地図を見る

宇治第二工場 ・ 研究開発棟

〒611-0041

京都府宇治市槙島町十一 65番地の1

TEL 0774-28-6126(第二工場)

FAX 0774-22-6481(第二工場) FAX 0774-28-6543(研究開発棟)

詳細地図を見る

宇治試験検査センター

〒611-0041

京都府宇治市槙島町中川原183 W10号

FAX 0774-21-6212

詳細地図を見る

久御山保管庫

〒613-0023

京都府久世郡久御山町野村村東411-1
(宇治工場から車でおよそ10分)

詳細地図を見る

Copyright (c) OHKURA Pharmaceutlcal Co., Ltd. All Rights Reserved.