品質保証体制

親会社Meiji Seika ファルマ(株)の「品質保証ポリシー」および弊社の「品質方針」に基づいて
開発、製造、試験検査に必要な品質保証体制を整備しています。

品質方針
  1. お客様の要求と期待に応えるため、お客様に信頼され満足していただける品質を追求する。
  2. コンプライアンスを遵守する。

以上の方針に沿った品質目標を設定し、品質マネジメントシステムの有効性を維持しつつ、継続的に改善する。

経口ゼリー剤受託事業

経口ゼリー剤の開発型製造受託企業として、国内GMP基準に加え、ICH および PIC/S GMPガイドラインを品質・製造管理システムに取り入れ、グローバルな基準に基づいた品質保証体制の構築に積極的に取り組んでいます。

体外診断薬事業

ISO13485およびQMS省令に準拠した管理システムを運用・維持* し、海外製造元を含む登録製造所との密接な連携をはかり、お客様の要求を満たす信頼性・品質の高い製品をご提供します。

*品質マネジメントシステムの国際規格「ISO13485:2003」の認証を取得しています。

試験検査受託事業

通関からの製品受領・保管・試験検査・安定性モニタリング・出荷判定の一貫した検査受託業務(ワンストップサービス)の提供が可能です。国内の製薬会社からペニシリン製剤を受託し、GMPおよびGQP省令に従って品質を保証しています。

 

医療用医薬品

医療用医薬品の製造販売会社として「Meiji Seika ファルマ信頼性保証指針」に基づき、高品質で安全・安心な医薬品を確実にお届けするために、さまざまな品質保証活動に取り組んでいます。

 

品質保証に対する取り組み

大蔵製薬の品質に対する取り組み

Copyright (c) OHKURA Pharmaceutlcal Co., Ltd. All Rights Reserved.