現在地はホーム > プレスリリース > 2016年 > 自己免疫疾患と癌の創薬研究に関する共同研究開始のお知らせ


2016年

自己免疫疾患と癌の創薬研究に関する共同研究開始のお知らせ

2016年4月15日

公益財団法人先端医療振興財団(所在地:兵庫県神戸市 理事長:本庶 佑、以下「本財団」)とMeiji Seika ファルマ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 大吉郎、以下、「Meiji」)はこの度、本財団が掲げる「創薬イノベーションプログラム」の第一号となる「自己免疫疾患と癌の創薬研究」の共同研究を開始しました。

先端医療センター
先端医療センター

◆研究目的◆
免疫の調整機構を解明するとともに、その制御方法などを研究する事により、
自己免疫疾患や癌に対する新規医薬品の開発を目指します
◆研究期間◆
2016年4月1日より原則5年間
◆プログラムディレクター◆
公益財団法人先端医療振興財団 理事長 本庶 佑
◆研究責任者◆
公益財団法人先端医療振興財団 分子病態研究部 部長 太田 明夫
◆研究担当者◆
本財団およびMeijiから4名を配置 (今後6名まで増員予定)
◆研究施設◆
先端医療センター研究棟 分子病態研究部ラボ

この共同研究を通じて、本財団とMeijiは革新的医薬品の開発を推進し、自己免疫疾患や癌の治療に貢献できるよう努めてまいります。


以上


参考

「創薬イノベーションプログラム」について
神戸医療産業都市に集積する研究機関や基盤施設等の研究開発機能を結集・連携させたプログラムを国内外の製薬会社等へ提案し、先端医療振興財団との共同研究体制により、創薬の開発に必要な研究者、設備、臨床開発等の研究環境を一元的に提供します。

公益財団法人先端医療振興財団 について

設立年月日 2000年3月17日
住所 〒650-0047 神戸市中央区港島南町2-2先端医療センター内
理事長 本庶 佑
常勤職員数 316名
URL http://www.ibri-kobe.org/

このページのトップへ

プレスリリース